初めてのHTML: 文書型宣言
最近の記事

web政策初心者が、ウェブサイトを作るまでの日記!!

2008年09月20日

文書型宣言

文書型宣言


「文書型宣言」は、XHTMLがどのバージョンで記述されているかを宣言するもので、2行目に記述します

「W3Cによって公開されたXHTML1.0 Strict DTDの使用に基づいて記述されます」という文書型宣言を記述しましょう。


例:
< !DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http:www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

【関連する記事】
posted by パンクン at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。